野球肘治療なら長野市たま整骨院へ

2019/10/17 ブログ
野球で肘を痛めた写真

子供がひじを痛めて悩まれていませんか?・・・

長野市でたま整骨院をやっております、院長の石田です。
少年から中学、高校と野球をやってきて自分が肘をケガしたことから接骨院・整骨院を志しました。おかげさまで野球でひじや肩を痛めた時(投球障害)に頼って来てくださる学生が増えてきています。
野球肘(投球障害)の原因としては、
・投げ方の問題
・球数の問題
・柔軟性&筋力の問題

が考えられます。
当院では問題点を見つけるために柔軟性や筋力の検査、投球動作もチェックさせて頂きます。それをもとにストレッチやトレーニング、投球動作の指導もさせて頂きます。
肘の痛みを取り除くことはもちろん大事ですが、どうして野球肘になってしまったのかその原因を改善しなければ再び野球肘を発症してしますからです。
たま整骨院ではその両方から診させて頂きます。
子供の体の状態を知ることは今後の上達にも繋がると考えていますのでお気軽にご相談ください。
また、野球肘の予防として野球肘検診として来て頂くことも大事なことですよね。
野球肘検診なら長野市たま整骨院へお任せください。
 

野球肘でも内側の痛み、外側の痛み、後ろの痛みとあり、他にも野球肩、リトルリーグショルダーなど投球で起こる障害がたくさんあります。
少しずつですが、詳しく自分の見解を書いていこうと思いますのでお楽しみに。
 

長野市川中島町原1372-1
たま整骨院
TEL026-283-3270
平日8:30~21:00
土曜8:30~18:00
休診 日・祝日